フレームがプラスチックのタイプ

プラスチックフレームが与える印象

メガネのフレームには、様々な種類がありますが、大きく分けるとプラスチック素材とメタル素材、そして自然素材とすることができます。これらのフレームは、それぞれ人に与える印象が異なるので、シーンに合わせて使い分けるとよいでしょう。プラスチック素材のフレームは、メガネフレームの主流であり、カラーバリエーションが豊かでデザインも自由にできやすいという使い勝手が良いフレームです。これに加え安価なので多くの人々が利用しています。プラスチックフレームは、ほかの素材のフレームに比べてあたたかな印象を与えてくれる素材です。そのため、友好的な雰囲気を出したい場合をはじめ、カジュアルなシーン、普段使いなどにプラスチックフレームのメガネを使用するとよいとされています。

プラスチックフレームの特徴

プラスチックフレームと一口に言っても、セルロイドやアセテート、樹脂素材などといった様々なバリエーションがあります。セルロイドとは、衝撃に強い、硬質な素材であり、透明感のあるフレームを作ることができるという点が特徴です。独特の光沢があるため、質感にこだわったフレームを作りたい場合に向いています。アセテートとは、やや柔らかいプラスチックであり、おおよそのメガネフレームで使用されています。透明感が強く、鮮やかな色合いのフレームを作ることができるという点が特徴です。樹脂素材は、柔軟性が強く、かつ強度も優れているという点が特徴です。軽く、肌にもなじみやすいので、メガネの初心者にとっても使いやすい素材といえるでしょう。