フレームがないタイプ

フレームがないタイプのメガネとは?

フレームがないタイプのメガネとは、縁なしメガネやリムレスメガネ、ツーポイントメガネと呼ばれているメガネです。レンズに直接穴を開けて、他のパーツを金具で留めています。フレームがないので軽くて、表情を遮ることがないので顔に馴染みやすく、見た目がとても自然になります。大きく顔の印象を変えることはないのですが、上品で繊細なイメージを与えるので、フォーマルなファッションにもよく合います。しかし、レンズに直接金具を取り付けているので、破損しやすく、強度は弱くなります。フレームのあるメガネに比べると、メンテナンスする回数が多くなる可能性があります。特に老眼鏡などのように、かけはずしを頻繁に行うとネジが緩みやすくなるので注意しましょう。

フレームがないタイプのメガネがおすすめの人は?

メガネを選ぶとき、メガネだけを見たときと実際にかけたときの印象が変わるので、メガネ選びは難しいという人は多いです。一般的に、自分の顔の形と異なる形のフレームを選ぶと、似合うメガネを見つけやすいと言われています。しかし、メガネは形だけではなく、メタルフレームやプラスチックフレーム、フレームがないなどフレームタイプによっても似合いやすい顔のタイプがあります。例えば、フレームがないのは小顔タイプの人に似合いやすいです。小顔の人は、顔の面積が小さいため、主張の強いフレームだとバランスが悪くなってしまいます。フレームがないタイプのメガネは、顔の印象をあまり変えないので、新しい形のメガネに挑戦するときなどにもおすすめです。